トイレの掃除をすると金運が上がるというが。。

ケララ、シヴァナンダヨーガアシュラム、夕日。by 芦屋のマッサージサロン、ヒーリングアーツあまら

兵庫県芦屋市からこんにちは!

マッサージはもちろんチャクラリーディング、開運フォトなどなどと多彩なサービスを取り揃えているヒーリングアーツあまらのオーナーセラピストのGovinda Hiroです。(長っ)

その日は年末の大晦日、1年で一番忙しいと噂され、ぼくは毎年「忙しい日に生まれた迷惑な人」というレッテルを貼られるが、本当に大晦日は1年で一番忙しい日なのだろうか?と毎年思う。

はっきり言って、ぼく的には1年で一番ゆるい日に入るんじゃなかろうかとさえ思うのだ。

この日は、とある局の歌合戦でとある歌姫を観たいと妻がどこからかテレビを持ってきた。

普段、ぼくらはテレビを観ないためテレビの存在感に圧倒されつつも歌姫が始まるまでは「笑ってはいけない」を観て、大爆笑して腹筋がヒクヒクなっていた。

気づけば大晦日は終わり1月1日になっていた。

ぼくらは見事に歌姫を見逃した。

その年の大晦日も一体何がどう忙しいのかと首を傾げるぐらいゆるい1日だった。

というか、一体何の話をするつもりだったんだっけ。。

そうだ、トイレ掃除の話である。

1月1日になったばかり、まだ午前1時か2時だったと思う。

妻が突然トイレ掃除を始めた。

なんでこんな夜中に。。

ちなみに、ぼくは「なんで」と思ってもそれを口に出すことはあまりない。

「なんで○○○○○○○なんだ?」

という一文は一見理由を聞いているようで、そこには批判的精神が多少含まれるような気がするからだ。

言われた方は気分良くない可能性があるわけで、あまり得策な言葉遣いではないのではなかろうかと思っているからだ。

もし使う場合、細心の注意を必要とするのでは。。と勝手に思っている。

・・なんの話をしていたんだったか。。

そうそう、2018年が始まって1、2時間後ぐらいに妻が突然トイレ掃除を始めて、困惑していますという話だった。

話を戻そう。

さっきまでのゆるい時間は一体どこへ。。

大笑いして、その余韻に浸っていたと思っていたのに。。

ぼくは戸惑いながらも妻のトイレ掃除を手伝うことなく、ただただ見守っていた。

「笑ってはいけない」を観てテンションが上がったのだろうか?

というか、ぼくはトイレに行きたいのだが。。

「あのさー、トイレに行ってもいいかな?」

なんてことを一所懸命にトイレ掃除をしている妻に言えるわけもなく、ただただ見守っていた。

しばらくして、満足そうな顔をしてトイレ掃除から戻った妻に

「ありがとう!トイレ使わしてもらうね♪」

と言いつつ、トイレに入り便座に座った。

便座は清々しい座り心地でスッキリして、座るだけで心地よい雰囲気を楽しめた。

座り心地がとっても軽いのだ。

「あー、いいなぁ」と思いつつ目の前の扉と壁を見上げた。

妻が掃除をしていたところは便器の中を中心に便座やフタ、タンクだったはずなのだが、どういうわけか、壁や扉の内側まで明るくなっていた。

これはどういうことなのか・・。

トイレ掃除で便座が浄化され座り心地がスッキリ軽くなったのはよく理解できるのだが、なぜトイレ内が明るくなっているのか。

考えられることは、便器内部に溜まっていた「淀み(よどみ)」というエネルギーが便器から溢れ出てトイレ内に漂うことで、視覚に作用していたのではなかろうかということだ。

そこを妻が掃除することで「淀み」の元がなくなり、トイレ内を漂っていた「淀み」がなくなりトイレの中が明るくなったように見えたのではないかと思うのだ。

というわけで、トイレの掃除をすると金運が上がるというが、それよりも何よりも、トイレが綺麗になる上、明るくなって、さらに気持ち良いですよ。

という話でした。

そして、トイレ掃除のビフォーアフターで金運が上がるかどうなのかはチェックしてなかったので、今度思い出したらやってみようと思う。

「トイレ掃除と金運に相関関係があるのか」

これだ。

ぼくとしては、掃除をすることで頭がスッキリしていろいろ巡りが良くなるのでは?と思っているのだが。。

 

それではまたっ。

今日も読んでくださってありがとうございました。

ケララ、シヴァナンダヨーガアシュラム、夕日。by 芦屋のマッサージサロン、ヒーリングアーツあまら

写真はインドはケララ州のシヴァナンダヴェーダンタヨーガアシュラムで見た夕日。

Follow me!