Govinda Hiro

担当:タイ古式マッサージ、トークセン、オーラレイキ、美容経絡ストレッチ、コアバランスセラピー、クリックレイキ、直観コーチング、チェドヘック

セラピスト1世界中をふらふら旅して生きていこうと思っていた時期がありました。

「旅をしながらできる仕事」をテーマに考えた時、施術系が良さそうだなぁと閃きました。

その後、ある旅人たちとの会話の中で、タイ古式マッサージだったら手軽に学べて仕事にできるっぽいという話を耳にしました。

タイの古都チェンマイでマンションを借りて、のんびりしながら気軽なノリでタイ国政府認定校のインターナショナルトレーニングマッサージ、略してITMの門を叩きました。

意気揚々と通い始めましたが、最初の週の3日目ぐらいから完全に落第気味のぼくがそこに居ました。

日本語で講習を受けていましたが、まったくついていけず、完全に舐めていたことを痛感しました。

そして、タイ古式マッサージには2500年の歴史があることも、その時に知りました。

まったくついていけなかったことがとても悔しくて予定より長くITMに通ったのち、一時帰国した際に親や友人に練習台になってもらったものの、全然イケてない自分がそこにいました。

自分が書き込みを加えた教科書を見ながら施術をしていても、自分の書き込んだ言葉の意味がわからないことの多さには本当に参りました。

その2ヶ月後ぐらいだったと思います。

ITMで約3ヶ月、タイ古式マッサージ漬けになれるというCAPT(シーエーピーティー)という全390時間のクラスに参加しました。

のちに気づくのですが、CAPTはタイ古式マッサージのインストラクターであるところの講師を養成するコースでした。

というのもCAPTとはCertified Advanced Practitioner and Teacher Training Programの略だったのです。

CAPTでは朝から夕方まで完全にタイ古式マッサージ漬けの日々。

タイの伝統療法だけでなくタイ式フットリフレクソロジーやハーブボール、もちろんタイハーブの知識まで幅広く学びました。

その日の講義が終わり下宿先でまず最初にすることは、持参したノートパソコンのモニターから流れるチョンコール校長の施術のビデオをエンドレスで流し観ながら練習することでした。

大好きなタイのビール、リオやチャンの氷割り(タイでは氷の入ったビールを飲む習慣がある)を口にすることなく、ただ黙々と枕や布団を相手にその日の復習をしていました。

はじめのうちは自分のあまりの出来の悪さが信じられなくてタイ古式マッサージに取り組んでいたのですが、ある時から急に楽しくなってきている自分に気がつきました。

午後の講義が終わった後、いろんな国からやってきている生徒同士で練習をするのですが、組んだ相手の人がぼくの施術の際によく寝息を立てていたのです。

というのも、上手なタイ古式マッサージは受けていると副交感神経優位になりとんでもなく気持ち良く眠りの世界に入ることができるのです。

あの時は本当に嬉しくて、さらに高みを目指そうと思うようになりました。

決して優秀な成績でCAPTを修了したわけではありませんでしたが、その後もいくつかのタイ古式マッサージの学校に通うためタイを出たり入ったりしてビザを延長しながら、約8ヶ月間タイに滞在しました。

ぼくはいつの間にかタイ古式マッサージの魅力にどっぷり漬かっていました。

日本に帰国してからはゴールデンウィークを利用して東京の三宿にあるタイ古式マッサージの学校Qi Flowに通ったり、解剖学の講習やワークショップに通ったりしつつ、フリーランスの出張タイ古式マッサージセラピストとして神戸を中心に営業していました。

その時ぐらいからオーラレイキアカデミーでレイキを習い始めました。

自分でレイキのエネルギーを感じ、リーディングの基礎を学んでいくうちに見えないエネルギーを使った施術にどんどんのめり込み、さらにオーラレイキアカデミーの理事長が教えるソフィアリーディングの講座を受講していく中で、指を一本も触れることなく筋肉の深いところにあるコアのバランスを整え柔軟性を上げたり視野を広げ反射神経を上げる「コアバランスセラピー」やそれの進化型の「クリックレイキ」という施術を身につけました。

あるとき、インドのケララ州のニアルダムにあるシヴァナンダヨーガのアシュラムの1月のインターナショナルクラスでは日本語の同時通訳が入った中で受講できることを知った時、ぼくは迷わず応募しました。

そのクラスはTTCという1ヶ月間のヨーガ講師養成のプログラムでした。

何かを学ぶ時、ティーチャークラスが良いというのはITMのCAPTを経て実感していました。

決められた期間、専門的な知識と体験を集中して自分の中に叩き込めるので、とってもオススメです。

そして、ITMのCAPTで出会った妻もシヴァナンダのTTCを修了していましたので、共通の話題で会話ができるようになるのも嬉しいことでした。

ヒンドゥー教とヨーガの世界にどっぷり浸かった濃密な1ヶ月間と、その後のインド国内をフラフラした2ヶ月間にのべ160人以上の方にコアバランスヒーリングとクリックレイキを施術させていただきました。

体軸が整うとヨーガのポーズのバランスをとることにかけていた意識をプラーナの流れに意識をシフトしやすくなり、ヨーガのポーズの目的としているサマディを実感しやすくなるからか、大変喜ばれました。

それだけでなく、瞬時に体感も変わるので、施術を受けてくださった世界中の方々に驚かれました。

インドから帰国後、大好きな妻とともに兵庫県芦屋市の大原町にてHealing arts Amalaを始めました。←今ここです。

学んだところ

タイ国チェンマイ

■International Training Massage

・Certified Advanced Practitioner and Teacher Training Program

講師養成プログラム390時間修了。

・チェアマッサージを習う。

■Handon Thai massage school

校長のブンチュー師からチェッド・ヘックとトークセンを習う。

■Timmy Thai Massage Training Center

・Herbal products making

■チェンマイの人気マッサージショップJindamanee

女将のパール先生にトークセンを習う。

ヌー師(2015 Thai massage teacher of the year)にポイント(経絡)を習う。

■Blue Garden

・ダイナミック・ロッキングマッサージ修了。

レミコ師に習う。

■SpaMantra

・オイルマッサージベーシッククラス修了。

日本

■Pichet流のタイ古式マッサージを伝える東京・三宿にあるQi Flow Thai massage studio

廣重耕司師に習う。

■オーラレイキアカデミー 西洋レイキインストラクタークラス修了

青木克行師に習う。

■ソフィアリーディング インストラクタークラス修了

青木勇一郎師に習う。

■シヴァナンダヨーガ インストラクタークラス修了 。

ワークショップ

■京都・古式(いにしえ)

・タイ式小顔マッサージ

古式主人の外間宏昭師に習う。

■京都・古式

・バンコク、ピシットスタイル(首・肩編)

相原文明師に習う。

●タイ国政府健康省・文部省認定校ITM公認タイ古式マッサージ講師

●西洋レイキ講師

●直観コーチング講師

●シヴァナンダヨーガ公認講師

タイ古式マッサージ

チェッド・ヘック

トークセン

オーラレイキヒーリング

コアバランスセラピー

クリックレイキヒーリング

直観コーチング

と多様な施術を行います。

どうぞよろしくお願いいたします。

予約優先・お電話お待ちしております。0797-34-0418受付時間 12:00-22:00 [ 最終電話受付 20:00・不定休 ]

芦屋のタイ古式マッサージ ヒーリングアーツあまら

心地よいリズムと圧で緩まる、タイ古式マッサージ。
音と振動のバイヴレーション、トークセン。
お腹柔らか、身体も心もすっきり、チネイザン。
ハーブの香りと温熱効果でうっとり、ハーブボール。
あまらでのんびりリラックス。
素敵なリラクゼーションタイムをあなたに。