旅に持って行って重宝するシリーズその2。(芦屋・タイマッサージ的こころ)

菩提樹っぽい植物と花。

兵庫県芦屋市からこんにちは!

タイ国政府認定校公認タイマッサージ講師が施術するヒーリングアーツあまらのオーナーセラピストGovinda Hiroです。

旅に持って行って重宝するものといえば、割れないマグカップ。

欲を言えばチタン製のものやシリコン製のものが良いが、この間のインドではシヴァナンダヨーガヴェーダンタダワンタリアシュラム(今後はアシュラムと表記)の売店で購入したスティール製のマグカップを持ち歩いていた。

取っ手の部分をカラビナで鞄に引っ掛けて持ち歩く。

宿によってはコップが常備されていないこともある。

そんな時でもコップを持参していると本当に便利なのである。

それか、蓋がついているコップ、タンブラーも便利である。

蓋がついているのでうっかり肘が当たってアウチな状況でも中身がこぼれていないというミラクルに立ち会える。

欲を言うと魔法瓶タイプのものが良い。

時間が経ってもホットコーヒーは熱々なままでアイスコーヒーは冷え冷えなままだからだ。

もちろんお味噌汁も熱々で楽しめる。

書いていて思ったが、こうやってぼくの荷物は増えていくようだ。

 

菩提樹っぽい植物と花。

インドはトリバンドラムの路地裏にて。

Follow me!